2020年6月30日火曜日

オーケストラ活動の再開にあたって

コロナ禍によってここ3ヶ月ほど、オーケストラの活動は休止を余儀なくされていますが、ここへ来てようやく感染状況が小康状態になり、医療機関のベッドや検査施設にも余裕が出てきていると聞いています。
大規模集会や移動制限なども段階的に解除され、M管弦楽団では第1回演奏会に向けてリハーサルを開始致しました。活動開始にあたっては、感染拡大防止対策を万全にすべく、以下のように対策を実施してリハーサルを行いました。


・練習会場への入館時はマスク着用する
・入館時は手指消毒を行い、随時手洗いを行う
・奏者間は弦楽器1.5m、管楽器2.0mの間隔を空ける
・指揮者と奏者との間隔は2.0mの間隔を空ける
・楽器演奏によって飛沫が飛ぶ距離はわずかであるが
 喋る時には飛沫が飛散するので対策が必要
・指揮者は大型のフェイスシールドを着用
・弦楽器は常時マスク着用
・金管楽器はスリットマスク着用、これで不具合があれば要相談
・木管楽器は演奏時は保護具をしないが、喋る時にはマスクを着用
・管楽器奏者は唾抜き、結露水の処理に最大限の注意を払う
⇒レジ袋にトイレットペーパーかペット用の給水シートなど入れておくことを推奨
⇒床にバスタオル、新聞紙などを敷いておけば、垂れた結露水の回収が容易になるのでは?
・練習終了後には使用した椅子等の備品を消毒する
・管楽器奏者は必要に応じて床の消毒も行う

まだまだCovid-19に関しては未知の部分が多く、これらの対策は過剰であるとの指摘が専門家からなされていますので、これから本番に向けて最適化していきたいと考えていますが、まずは安全・安心を最優先としました。
このような対策では、3管編成でトロンボーン、テューバなどを含むオーケストラはステージや練習場の広さの都合で活動が難しいですが、我々は小編成オーケストラの強みを生かして活動していければと思います。




<対策立案の参考資料など>

◆ドイツ・シャリテ大学病院ほか◆
「新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミック期間中のオーケストラ演奏業務に対する共同声明」
全訳 / 須藤伊知郎西南学院大学教授
大学病院等の研究者とベルリンフィルなどのオーケストラが共同で実証実験を行い、指針を発表しました。

◆フライブルクフライブルク大学病院ほか◆
「音楽の領域におけるコロナウイルス感染のリスク評価」(第2アップデート)
翻訳 / 須藤伊知郎西南学院大学教授

◆YAMAHA◆
管楽器・教育楽器の飛沫可視化実験
この実験では、発音方式の異なる4つの楽器群の中から、フルート、アルトサクソフォン、
トランペット、ソプラノリコーダー、鍵盤ハーモニカを選択し、演奏時の飛沫の飛散距離や
左右への広がりなどを観測しました。

◆東京都交響楽団◆「演奏会再開への行程表と指針」を策定
2020年6月11日・12日に東京文化会館で行った
「COVID-19(新型コロナウイルス)影響下における演奏会再開に備えた試演」の検証結果と
専門家からの助言を受け、「演奏会再開への行程表と指針」を策定しました。


また、資料というほどではありませんが、関連する投稿など・・・

沖縄の救急医 林さんの投稿

神戸市の緩和ケア医 新城さんの投稿

そして、今後の検証が期待されるプロジェクトもあります。

◆クラシック音楽公演運営推進協議会◆
「#コロナ下の音楽文化を前に進めるプロジェクト」
7月11日~13日、感染症専門医、NHK交響楽団、YAMAHAなどが協力し、クリーンルームでの飛沫測定を行います。
「日本中の音楽を愛する人たちが活動再開していくために必要な提言策定を行います(2020年8月下旬ドラフト公開予定)。

2020年6月15日月曜日

リハーサル開始しました!

本日からリハーサル開始しました。今日は弦楽器のみ、自由参加ということにしましたが、初回からマエストロの本気度が高くて、パートは歯抜けにも関わらず有意義な練習になりました。

コロナ対策で全員マスク着用、指揮者と奏者は2mの間隔を空け、奏者間は1.5m空けて、30分毎に換気。それどころか、他に利用者もいないのでドアを開け放したまま練習しました。

奏者間の間隔が遠いと、横のアンサンブルはいつも以上に意識しないと難しいですね、トップのザッツや弓使いが見えません。慣れも必要だと思います。本番までにはノウハウやエビデンスも出てきて距離を詰められることを願いますが、まずは安全安心を優先して進めて参ります。







2020年6月9日火曜日

テレワークリモートアンサンブルのススメ

3月半ばからオーケストラの活動もできなくなり、自粛が続いております。
緊急事態宣言が解除されてから、少しずつ活動再開の動きもあるかと思いますが、感染対策もあり、様々な制限が課せられていて、元の通りに演奏活動が出来るようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうです。

この自粛期間中、M管弦楽団では、メンバー有志によるリモートアンサンブルに取り組んでみました。皆様も新日本フィルのメンバーによる「パプリカ」を始めとして、様々なリモートアンサンブルをご覧になったかと思います。

やってみると、これがなかなか難しいんですね。普段の合奏では、我々は眼や耳でお互いに見ながら、聞きながら、そして呼吸を合わせながらアンサンブルをしています。
クラシックの音楽は常に同じテンポで時間通りということはなくて、フレーズによって前に進んだり、フレーズの終わりで落ち着いたり、
という細かい調整がたくさんあり、お互いに聞き合いながら微調整をするのですが、リモートではそんな「当たり前」のことをできないので
とても苦労しましたが、改めてアンサンブルの基本に立ち返って色んな「気づき」を得る良い機会となりました。


というわけで、アンサンブル面では100%納得のいくもではありませんが、自粛期間中の成果として、ご覧ください。

W.A.モーツァルト 交響曲第1番KV16より第1楽章

今後練習を開始して無事に演奏会が開催できましたら、オーケストラメンバー全員でより完成度の高い演奏をお聴かせしたいと思います、どうぞご期待ください。

2020年5月29日金曜日

オーケストラにおけるコロナ時代の行動変容(メタモルフォーゼン)

コロナ下の新しい行動様式においては、大編成のオーケストラの演奏会を開催するのは難しいのではないか、と言われています。各地で活動を再開したプロオケも最初は小編成のプログラムを組んでいるようです。

このような状況で、小編成のオーケストラであるM管弦楽団としては、どのように感染対策を行えば活動ができるのか検討し、可能な範囲でみなさまに音楽を提供できればと考えています。

演奏によって発生する飛沫やエアロゾルに関して、ドイツやオーストリアを中心に種々の検討が行われていますが、以下にその取り組みがよくまとめられており、我々もこれらの提案を参考にしながら活動の可能性を検討しています。

「新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミック期間中の
オーケストラ演奏業務に対する共同声明」全訳 / 須藤伊知郎


具体的には、

【基本となる行動】
・三密を避ける
・身体的距離を空ける
・マスクを着用する
・手洗い等の衛生習慣を徹底する

【演奏に関する注意】
・弦楽器と打楽器は1.5m、管楽器と指揮者は2mの間隔を空ける
・管楽器のツバ抜き・結露水処理には細心の注意を払う
(ティッシュなど使い捨ての紙、洗浄可能な布等、他人のものに触れない)

などが重要であると考えられます。
なお、上記の宣言の中では、本番のステージでは喋らないのでマスク等は不要とされています。

この他の工夫として当団の練習(リハーサル)では、
・指揮者とフルート奏者はフェイスシールドを着用
・フルートを除く管楽器奏者はスリット入りのマスクを着用
という工夫をする予定です。
指揮者は練習中に頻繁に喋るため、フルート奏者は吹き口から息を漏らしながら演奏するため、飛沫対策を考慮。
フルート以外の管楽器はエアロゾル対策を考慮。

【よくある疑問】
・管楽器は遠くまでウイルスを飛ばさないのか?
 ⇒ 音の振動は疎密波であり空気は移動しないため、管楽器のベルから飛沫が飛ぶことはありません

この他に、新たな情報、提言などがあれば、都度参照して検討して参ります。

2020年5月26日火曜日

チケット発売日を7/1(水)に延期しました。

いつも当ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスの影響で当団もオーケストラの活動の自粛を余儀なくされております。メンバーはテレワーク・アンサンブルと称して、リモートでの合奏を楽しんだりしています。
(ある程度パートが揃って収録できれば、動画の公開なども検討しております)


6/1(月)に予定していた第1回演奏会のチケット発売日を7/1(水)に延期しております。オーケストラのリハーサルも開始できていませんので、どうかご了承ください。

音楽は生活の上で最優先すべき事象ではありませんが、健康で文化的な生活をする上では必要なものだとも考えられます。社会的に問題のない範囲で、音楽の恵みを享受し、共有するような活動ができればと思い、M管弦楽団では今後の活動について検討を進めています。
検討内容については、追ってこちらのブログでお知らせしていきたいと考えておりますので、よろしくお願い致します。

2020年1月6日月曜日

チケット発売情報

M管弦楽団第1回演奏会のチケットは2020年6月1日より、イープラス(PC,スマホ,Famiポート)および彩の国さいたま芸術劇場の窓口において発売致します。

イープラスの販売ページはこちらです。

よろしくお願い致します。

2019年10月25日金曜日

第1回演奏会概要

第1回演奏会の概要が決まりました。
第2回以降の構想も練っていますが、まずは旗揚げ公演に向けて準備を進めて参ります。
どうぞご期待ください。

【Orchestre de M  M管弦楽団 第1回演奏会】
日時:2020年10月17日(土) 19:00開演(18:30ロビー開場、18:45入場)
会場:彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール
 JR埼京線与野本町駅下車徒歩7分
指揮:丸山泰雄(音楽監督)
曲目:
 W.A.モーツァルト 交響曲第1番K16
 R.シュトラウス  メタモルフォーゼン(変容)
 F.J.ハイドン   交響曲第6番「朝」
 S.プロコフィエフ 古典交響曲(交響曲第1番)
入場料:全席自由 1500円(前売り、当日とも)

チケットはイープラス(PC/スマホ/Famiポート)と劇場の窓口で販売の予定です、準備が出来次第ご案内致します。
M管弦楽団第1回演奏会フライヤー

オーケストラ活動の再開にあたって

コロナ禍によってここ3ヶ月ほど、オーケストラの活動は休止を余儀なくされていますが、 ここへ来てようやく感染状況が小康状態になり、医療機関のベッドや検査施設にも余裕が 出てきていると聞いています。 大規模集会や移動制限なども段階的に解除され、M管弦楽団では第1回演奏会に向けて...